猫屋仲見世通り

神獣

今年も残すところあと数時間です。
2005年という年は私にとって激動の年でした。
転職してみたり引っ越してみたり年末に給湯機がこわれて水浴びしかできなくなってみたり。
ブログを始めてみたり。

実はオフラインの身近な人々にはまったく内緒なので、不安だったんですが、なんとかぼちぼちと見に来てくれる方々がいて、ほんとによかった…(nyankoyaはスーパーびびりなのです…)。

みなさんほんとにお世話になりました。
また来年もよろしくお願いします!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

暗闇に、ひとすじの光明。
その冷たく鮮やかな月光の下、一年がゆっくりと頭を垂れる。

祈るような沈黙。

野外ホールでは、秒針のテンポで奏でられる「ボレロ」。
指揮者の正確なタクトが細い細い金の軌跡を描く。
張り詰めていく空気。
それはまるで指先で弾いたら、硬質な音が生まれそうなほどに。

オーケストラの長いクレッシェンドに合わせて、一年はその感覚のすべてを研ぎ澄ます。
間違いがあってはならない。
ほんの一瞬のタイミングを決して逃さぬように。

刻一刻とせまる時間。砂時計の最後の一粒が落ち切る瞬間に向けて、オーケストラが最上級のフォルテシモへの階段を駆け上がる。

そしてすべての針が重なる瞬間に時を止めて。

咆哮

指揮者がそっとタクトを降ろし、一年の咆哮に静かに耳を傾ける。
低く高く空に放たれた咆哮は、大気中を駆け巡り、ケガレをすべて巻き込んで虚空の彼方へと吸い込まれていった。

役目を終えた一年は、その場にどうと倒れると、後ろから駆けて来た新しい一年に一瞥をよこして、静かに消えていった。

かくて残されたのは、まっさらな一年と、ケガレなき清涼な大気。

無事に動き出した時を祝う幻のファンファーレを聴きながら、私はそっと目を閉じた。
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-31 18:16 | 創造の森

Silence

今日も残業帰りです。
肩がこりました。

最近職場にお化けが出るとの噂。
建物が廃校だけにリアルです。
私はてんで鈍感なのですが、こんな静かな冬の夜は、やっぱり怖くなってしまったり。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
耳の奥がツンとするほどの静寂。
セルロイドのように無機質で、どこか懐かしい冬の夜空。
昇る星を数えるように上を向いて歩く。

冷えた真空管にそっと耳を当てて。
消え去ってしまった音のかけらを探す。
雪の降らないスノードームを揺らす指先。
まるで平均台の上を目隠しで歩くような危うさ。
観客のいないサーカス。
無人の客席に向かってパントマイムを繰り返すピエロ。

寂しさと懐かしさはどこか似ている。

孤独をわざとかみしめるようにゆっくりと歩く。
絶対零度の清しさ。

何も望まない。
何も求めない。

ただこの夜の果てを見たいだけ。
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-27 21:44 | 日々の類似品

福音

さて、ここにいるのは一匹の羊。
小さく、無力で、無垢な存在。
行き先も知らず、己が成すべきことも知らない。
ただ、心穏やかに聖夜を過ごす。
その意味も知らず、また祈る手も持たない。
ただ、生きて死ぬだけ。

それこそが羊の大義。

それを知ることこそ智。

それを知らぬことこそまた恥。

聖夜を聖夜と知らぬ羊は、ただ星空を眺めて明日を思う。
その草の柔らかさ、その風の優しさ。
夢を紡ぐ糸の頼りなさ。
夜の檻の手触り。

また巡る日々の美しさ。

「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」

(ルカによる福音書より)
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-25 23:35 | 創造の森

9月に、改札で。

年の瀬ですが、割合に落ち着いた日々です。
単にやるべきことをさぼっているだけですが…。

またしても夢の話。
今回はとても奇妙な夢でした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
寒い季節だった。
私は男で、常にある特定の誰かと行動を共にしていた。
夜の街を彷徨い、盗み、騙し、喧嘩に明け暮れていた。

何もかもがつまらないと感じていた。

薄汚く、マイナスの感情ばかりが染み付いた、混沌とした街。
それが私と誰かの住みかだった。

ある日いつものように夜の街を歩き、酒を飲み、いつものように喧嘩が始まった。
ただひとつだけ、いつもと違うことが起きた。

相棒が喧嘩相手を殺してしまったのだ。

私たちは逃げた。
凶器のナイフを捨て、血の付いた服を捨て、がむしゃらに走った。
やがて川べりに出て、追っ手が来ないことを確かめると、相棒は分かれて逃げることを提案した。
私はその場にいただけで、関係ないとも言った。
私は頑としてゆずらなかった。今までずっと一緒にやってきたのに、彼を見捨てることなど到底出来なかった。
では、と彼は別の提案をした。
しばらくほとぼりが覚めるまでばらばらに過ごして、また待ち合わせをしようと。

私は渋々頷き、いつ、どこでと問うた。

「9月に、改札で。」
9月?

問い返す前に、相棒は姿を消した。

今はまだ冬だ。9月というのは来年の9月だろうか。
仕方ない。彼がそう言うのなら。
私は駅前の改札が良く見える薬局にアルバイトに入った。

春が来て、夏が来て、やがて秋が来た。
私は毎日働きながら、改札を眺めていた。
その年の9月。
彼は姿を現わさなかった。

それから何度も9月が巡って来たが、やはり彼に会うことはなかった。

春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来て。
私はいつしか薬局の店長になっていた。

ある日いつものように働いていると、改札の前に男が立っていた。
彼だった。
いくらか老けていて、いくらか痩せていた。
慌てて店を飛び出し、駆け寄ると、彼は唇の端だけ微かに上げて言った。
「9月だ。行こう。」
ためらうことはなかった。
白衣のまま改札をくぐった。

振り替えることなく歩を進めながら、多分もう二度と戻ることはないとだけ感じていた。
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-21 09:38 |

潮風

今日はちょっと横浜までおでかけでした。
水の側は、なんとなく落ち着きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

透き通る冬空にかもめが一羽。
凍てつくアスファルトに犬が一匹。
潮風を含む芝生に私が一人。

このままどこへ行こう。
船に乗ってアメリカ?
電車を乗り継いで京都?
それとも歩いて赤レンガ?

冬の潮風は少し悲しい。

遊覧船が霧笛を鳴らしてゆっくりと波止場を離れて行く。
空を滑るかもめたち。
地上で飼い主に甘える犬たち。

冬の潮風はとても優しい。

やっぱりあの家が一番、あたたかい。
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-18 22:41 | 日々の類似品

よあけ

なんだか風邪を引きずったまま残業でした。
皆さんのブログもチェックしたいのに…。
土日ずっとうとうとと過ごして、明け方に目が覚めました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
半紙がゆっくりと水を含んでいくように、空が白み始めた。
星がひとつふたつと消え、夜が扉を閉じていく。
透明な朝。
月と太陽が交わるところ。
時間はくるりと円を描いて、しかして二度と同じところには収まらない。
砂上のあしあと。
柔らかな新雪。
蜘蛛の巣に光る朝露。
必ず消えるもの、そしてまた絶えず生まれるもの。
目覚める寸前にはじけてしまった夢の残滓。
街が空気と光を含んで動き出す頃には、もう跡形もなく消え去ってしまうだろう

その何かを求めながら回る歳月。

未来永劫、ずっと。
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-12 22:13 | 日々の類似品

38℃

なんか風邪気味?
ちょっと喉がおかしいような…。
暮れに風邪を引いてしまうとやっかいですね。
今日はひとまず会社に着いたら、自販機でオレンジジュースを買おう。
ビタミンCビタミンC。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
目の前の女が持っていた紙袋の市松模様に目が回ってしまった。
さわさわと血の巡る音が耳障り。
隣りのおばさんの襟巻きが、もぞりと頭を起こしてコンと鳴いた。
ゆっくりと頭をもたげる頭痛は楽しい幻覚付き。
じわじわと上昇する体温のおまけは陽気な幻聴。
幻の犬としっぽの分かれた猫がおいかけっこ。
レミングの群れは黒人霊歌を。
月の輪熊は祝詞を。
一万匹の第九は皇居の手前でクライマックス。
続くハレルヤは一層高らかに。

King of Kings!

38度の境界を突破して、気休めのアスピリンを1錠。
しゅわっとはじけて、幻覚たちを連れてぱちんと消えた。
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-07 09:31 | 日々の類似品

秋刀魚と大福

10日ぶりに仕事でした。
案の定溜まっていましたが、適当に切り上げて帰宅中。今日はリハビリということで。

久々に夢を見ました。
どうということはないけど、なんだかいい夢でした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
金物屋の瓦屋根の上に、一匹の小鬼を見つけた。
真っ赤な肌に黒い髪。小さな角が二本。
小鬼ながらするどい牙が上顎からにょっきりと生えている。
黒目がちで大きな瞳が存外にかわいらしい。

所在無げにこちらを見下ろしているかと思えば、どうやら私の手の中の紙袋に興味があるらしい。
包みの中には、買ったばかりの大福が入っていた。
試しにひとつを取り出してひらひらと振って見せると、小鬼は物欲しそうに首を伸ばし、ごくりと喉を鳴らした。

餓鬼は物を食そうとすると、その食物が炎に変わってしまうので食べられないと聞いたが、つぶらな瞳に負けて、大福を瓦屋根の上へと放り投げた。
小鬼は大福を上手にキャッチして、予想に反してぺろりと飲み込んでしまった。
うまそうににこにこと笑う。
なんとなく嬉しくなって、次々と大福を放り投げてやる。
結局持っていた大福を全部小鬼にやってしまった。

最後に空の紙袋を逆さにして示すと、小鬼はうんうんと二回頷いて、ぽんと消えてしまった。

次の日また金物屋の前を通ると、ふいに頭上から秋刀魚が降ってきた。
脂の乗り切ったそれらは、まだぴちぴちと飛び跳ねている。
瓦屋根の上を振り仰いだが、誰もいない。でも多分小鬼のしわざだろう。
なんておおざっぱな…と思いながら、きっちり大福分あった秋刀魚を拾い集めて持ち帰った。

焼いて食べようと思ったのに、その前に目が覚めてしまった。
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-05 20:58 |

ピアノ

ピアノの音が好きです。
好きな音楽も、ピアノが効いているものに無意識に偏っているようです。

木と金属の中間の、あのまろやかな音
いつまでも聴いていたくなります。

-------------------------------------



ドシラソファ

ミレド

ソ#

シシソ#ラシソ#ミファ#ソ#ミ

C

Cm7

F#m

空気をふるわせる音を
虚空を突き抜け音速でかけめぐるパッセージを

指先からほとばしる音は、いつしか鮮やかな光の帯となり
かの人をとりまく

無限
有限
天上
天下

やさしくめぐる、懐かしい遠雷
トリルの先端にそっと避雷針を立てて
両手を翼のように広げて
目を閉じれば
風満ちる空の城

やがてゆるやかな螺旋を描いて地に落ちるは、
つやめく青い種

最後の和音を弾ききったら
湿った布にくるんだ種を鍵盤に乗せて、そっと蓋を。

茂る葉と弦の先に実るはうつくしき黄金の音符
[PR]
# by nyankoya | 2005-12-03 18:33 | 創造の森

雲を測る男

無事に金沢より帰還です。
21世紀美術館を堪能してきました。
今は現代アート関係の仕事をしているので、良い刺激になりました。
趣味の面でも仕事の面でも。
立体的でトリッキーな作品が多くて、とても楽しかった。
改めて、表現することの自由さと可能性を知りました。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
さて、このものさしで何を測ってやろう。
あの空、この雲、俺に測れないものなど何もない。
天翔ける飛行機の、白くたなびく軌跡も
群れ飛ぶヒツジ雲も
真白く雄大な入道雲も
大きさを知ってしまえば、すべては俺のこの手の中。

そしていつか、空の広さを測り終えたら、そこに渡せる長さの大きな橋を作ってやる。
どこまでも透明なプラスティックで
アメリカ、中国、ケニア、ブータンヴァチカン台湾アイスランド
全部をくるりと回れる巨大な橋さ。

そうして君を探しに行く。
どこにいても何をしていても
人でなくても
犬でも馬でもサボテンでも一冊の本でもカメラのフィルムでも。
もしかしてもうシシカバブになっていても。

きっと。

だから待っていて。
[PR]
# by nyankoya | 2005-11-30 22:28 | 創造の森


日々目に映るものを、愛でてみたり憎んでみたり。コメント・TB・リンクなど頂くと、ちょっとどうかと思うくらい喜びます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
sprint store..
from sprint store l..
papa roach r..
from papa roach rin..
download sam..
from download samsu..
ringo ringtone
from ringo ringtone
ringtone sof..
from ringtone softw..
verizon free..
from verizon free r..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
Bing Bong He..
from Bing Bong Hell..
Batman TV Th..
from Batman TV Them..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧