猫屋仲見世通り

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Nosegay

着実に夏に近付いています。
空気の匂いとか。
街行く人々の纏うそわそわした感じとか。
植木の緑とか。

季節の移り変わりは空気を震わせるので、すぐにわかります。

実は暑いのは苦手なのですが、刻々と変化していく季節を感じるのは嫌いではありませ
ん。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

駅近くの花屋で立ち止まる。
幅が狭くて、奥行きもない、でも素朴で品がよくて、ついでにセンスもいい。
レジとカウンタを兼ねた小さな机にはいつも葉っぱとリボンが散乱していて、眼鏡の若い男が座っている。

何も買わずにただ花を眺めていても何も言わず、
少し迷っている人には控え目で適切なアドバイスをし、
目的がある人にはそれに見合った以上のものを実に鮮やかに作ってしまう。
そんな男だ。

僕は彼の店と彼と彼の作る花束や鉢植えの押し付けがましくないところを、とても好ましく思っている。

約束まであと45分。
今日は君に花を買って行こう。

薔薇、百合、ガーベラ、猫柳に真っ白いカラー。
君にふさわしい花。
でも、問題がひとつ。

「何かお探しですか?」
温和で洒落た黒ぶち眼鏡。

「ええ、彼女に花を…ええとこれは?」
僕は紫の花を指差す。
「それは菖蒲です。葉っぱはお風呂に」
「ああ、菖蒲湯。それはだめだな」
「だめ、ですか」
「ええ、3年前に彼女のおばあちゃんが菖蒲湯で溺れて死んだ」
はあ、と彼は腕組みをした。
「それはいけませんね。験が悪い。では向日葵は?小振りでかわいい品種ですよ」
黄色い小さな向日葵を示す。
「向日葵もよくないな。初恋の人に振られたのが向日葵の下だったらしい」
だから彼女は夏に小学校の前を通ると、決まって忌々しげに、あの健気に太陽を追いかける花を睨み付けるのだ。
「ぽんぽん菊は」
「盲腸で入院した時にお見舞いで貰った花束の中に蜂がいた」
「どこかを刺されたんですか?」
「鼻を」
ああ、と彼は眉を寄せた。
それ以来しばらく彼女は『ドナルド』と呼ばれていたらしい。
あひるではなくて、ファーストフード店の前に立っているピエロの方だ。

「じゃあかすみ草」
「彼女の部署のお局の名前が香澄だ」
「カーネーション」
「去年お母さんを亡くしてる」
「ミニ薔薇」
「彼女の前の旦那が好きだったんだ」
「波乱万丈な人生ですね」
「ああ、まだ若いんだけどね」

「…」
「…」

「あの、もしかして彼女さんは…」
彼は眼鏡を押し上げながら、申し訳なさそうに訊いた。
「うん。花が嫌いなんだ」

「…」
「…」

天使が大挙して僕たちの間を通り過ぎる。
通行人のおばさんがくしゃみをした。

「できれば好きになってもらいたいと思ってる」
「花を?」
「そう、花を。だって、ものごとの悪いところしか見えないのは悲しいじゃないか。
今や彼女は花柄のスカートさえ嫌っているんだ。きっと似合うのに。いや、絶対。
たまたま花にまつわる嫌な思い出が多いだけで」
「花に罪はない」
僕の言葉尻を引き受けて、彼はにっこりと笑った。
そしてカウンタの向こうへ上半身を突っ込むと、小さな鉢植えを引っ張り出して僕に示し
た。
「さぼてん?」
彼はうなずく。
「大事にしてやれば、そのうち花が咲きます」
そうか、と僕はその小さくとげとげしい姿を見つめた。
「まずはこの辺りから始めてみればいいんじゃないでしょうか。
花に嫌な思い出があれば、またひとつずついい思い出に塗り替えていけばいい。そういう風に僕は思います。だから、手始めに…」
「さぼてんに花を咲かせろって?」
「お二人で水をやって。きっと咲いたら楽しいです」
眼鏡の奥の瞳が、賢い牧羊犬のように真摯に僕を見つめていた。
「楽しい思い出に塗り替える、か…女性を口説くには、ちょっと陳腐じゃないかな」
彼は肩をすくめて苦笑した。
「陳腐ですよ、人はみんな。だからいいんです」

「そうかな」
「そうです」
力強くうなずく。
私も笑ってうなずいて、それから彼はサボテンを透明なフィルムで包んで、きれいな赤いリボンをつけてくれた。
紙の手提げに入れられたそれを受け取って、僕は彼に礼を言った。
彼は照れたように眼鏡を押し上げ、またお越しください、と頭を下げる。

幾分晴れやかな気持ちで駅に向かって歩き出す。
そこでふと、思い立った。

「あのさあ」遠くから呼びかける。
牧羊犬の瞳が振り返る。
「二人じゃなくて三人なんだ。彼女には娘がいる」
彼は一瞬きょとんとして、破顔した。まるで夏空のような笑顔だった。

「お気をつけて!」大きく手を振ってくれる。


約束まであと30分。
きっと花は咲くだろう。
[PR]
by nyankoya | 2006-06-20 10:41 | 創造の森

雨月

東京は梅雨入り宣言をするとかしないとか。
はーもうそんな季節かぁ、と窓の外を眺めようとして、今の事務所が地下にあることを思い出したり。
雨だか晴れだかわかりゃしませんよと。

このくらいの季節になってくると、なぜか子供の頃に聞いた怖い話を思い出すのです。
怪談は夏、と相場が決まっていますが、
梅雨の雨に塗り込められた夜に聞く方が、何倍も怖い気がします。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

あら、おかえりなさい。
どうしたの、なんだか顔が蒼いわよ。
上着も脱がないで、そんなとこつったってないで手でも洗って来たら?
ご飯食べるんでしょ?

…やぁねぇ、一体なんだって言うのよ。トイレくらい一人で行きなさいよ。
…えぇ?裏のお社を通って来たの?
あんたあそこは夜は気味が悪いからっていつも表通り回ってくるじゃない。馬鹿ねぇ。

あの話?
なんでそんなの今聞きたいのよ。ご飯食べてからにしてよ…わかった、わかったって。もぅ、変な子ねぇ。

えーとねぇ、私も昔聞いたきりだからなぁ。
裏の社にたまに、たまーにね、探し物をしてる人がいるのよ。
…さぁ。私が聞いたのは柘植の櫛を探してるってやつだけど…。
煙草屋のアイ子から聞いたのは、懐中時計だったわね。
とにかく誰かが探し物をしてるのよ。
それはご町内の誰か知ってる人なんだけど、誰だかどうしてもわからないの。
で、その誰かに知りませんかって聞かれて一緒に探してあげると。
その時一緒に探すのはいいんだけど、先にそれを見つけちゃだめなのね。
なんでも先に目的のものを見つけちゃうと、手渡す時に魂を半分取られちゃうんですって。
…そうよ。半分だけ。死にやしないけど、今度は取られた半分を誰かからもらわなきゃいけないから、もらえるまでお社で探し物をしなくちゃいけなくなっちゃうの。
ずうっとね。

よくある怪談よ。気が済んだ?

…髪の長い、40代後半の?泣き黒子で痩せた体型の?
いたわねぇ、そんな人。よく白いカーディガン着てる人でしょ?わかるわかる。
…名前?
うーんと…あら、なんだったかしらね。思い出せないわ。
会ったの?お社で?
鏡を探してた?
あら、そう…それで?
あちらが先に見つけたのね。そう、よかったわね。別れ際になんて言われたの?

…そう。

平気よ。大丈夫だって。何よ子供みたいに。ただの怪談よ。

さぁ、ご飯にしましょう。着替えていらっしゃい。


いつまでたっても子供なんだから。あの子は。
…あら、袖口が汚れてる。どこでついたのかしら、土なんて。
いやだわ、お気に入りなのに。


この白いカーディガン。
[PR]
by nyankoya | 2006-06-05 22:41 | 創造の森

ちょいとお散歩のこと

e0088626_2131610.jpg昨日の話ですが、「蔵書票展」に行ってきました。
小さくて繊細で美しい蔵書票たちにうっとり。
そこで「胡桃の椅子」さんの手作りスタンプと蔵書票を購入!
あまりに美しいので載せてみました。
蔵書票はフォトフレームに入れて、我が家の玄関を飾っとります。
e0088626_21311887.jpg

改めて、「ものをつくること」の持つ力を感じました。
[PR]
by nyankoya | 2006-06-04 21:33 | 近況


日々目に映るものを、愛でてみたり憎んでみたり。コメント・TB・リンクなど頂くと、ちょっとどうかと思うくらい喜びます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
sprint store..
from sprint store l..
papa roach r..
from papa roach rin..
download sam..
from download samsu..
ringo ringtone
from ringo ringtone
ringtone sof..
from ringtone softw..
verizon free..
from verizon free r..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
Bing Bong He..
from Bing Bong Hell..
Batman TV Th..
from Batman TV Them..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧