猫屋仲見世通り

晩夏の街

ちょっと気を失っておりました。
特にどうだというわけではないのですが、出力の機能が低下しているというか…。
停電したり、急に滝のように雨が降ったり、東京は忙しいですな…。

--------------------------------

最近街角で奇妙な人を見掛ける。
壁にぴったりと寄り添って、何やらぼんやりと光るものを手にして、惚けたように立ち尽くしている。
心なしか、輪郭が溶けているようにも見える。

彼らは毎日そこいらじゅうにいて、男だったり女だったり、じいさんだったりばあさんだったりする。
増えるでもなく、減るでもなく、不思議と子供の姿はない。

八百屋のおやじに訊いてみた。

「あれかい?ありゃあ、今ぐらいの季節になると決まって出るのよ。別に害はないよ。得もないけど。俺も若い頃にやったなぁ。結構いいもんだぜ。すっきりするし。まぁ、衣替えみたいなもんだな。」
く、クスリかなんかですか?
おやじはがははと笑って、大根を20円おまけしてくれた。

朝の散歩をしていると、通勤のサラリーマンと擦れ違った。
はて、どこかで見たような、と首をかしげる。
その紺の背広を振り返って、思い出した。
昨日、郵便局の前で惚けていた人だ。
あんなに薄くなってとろとろになっていたのに、今日はすっきりと、晴々しく歩いている。

なんだか俄かに羨ましい。

夕方、また八百屋のおやじと話す。

「羨ましいってもなぁ…。ありゃあ望んでなれるもんじゃねぇのよ。なんつーか…なるべくしてなるもんだしなぁ。ま、あんたもそのうちな。」
そう言って、オクラをふたつ、おまけしてくれた。

ビニール袋をぶらさげて、ゆらゆらと歩く。
視界の端に入る彼らは、相変わらず満たされたように溶けている。

乾物屋の角を曲がった時に、ちょいちょいと肩を叩かれた。
振り向くと、惚けた女の人が、その手の光るものを、私に差し出していた。
若くて太めで、ゆるゆるとスカートの裾が溶けている。
とまどっていると、彼女はさらに、私の顔の前にそれを差し上げる。
おずおずと受け取ると、とたんに私の輪郭が溶け出した。
蜜のように濃厚で、香ばしいものに飲み込まれる。
視界が、薄い膜が張ったようにぼやけて、風に揺らぐ。
手にした光は、軽く暖かで、微かにさらさらとうごめいている。

なつかしく
あたたかく
あまく
かなしく
さみしく
いとしく


ぼんやりと溶ける意識の中で私は、

夏が終わることを知った。
[PR]
by nyankoya | 2006-08-28 09:18
たゆたう >>


日々目に映るものを、愛でてみたり憎んでみたり。コメント・TB・リンクなど頂くと、ちょっとどうかと思うくらい喜びます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
sprint store..
from sprint store l..
papa roach r..
from papa roach rin..
download sam..
from download samsu..
ringo ringtone
from ringo ringtone
ringtone sof..
from ringtone softw..
verizon free..
from verizon free r..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
Bing Bong He..
from Bing Bong Hell..
Batman TV Th..
from Batman TV Them..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧